朝のサンフランシスコはすこし、霧模様。
ホテルの部屋からの景色。

f:id:naccotours:20170917152052j:image

 

AM 7:00
朝ごはんを食べに、バスでまたミッション地区へお出かけっ。

f:id:naccotours:20170917152122j:image

f:id:naccotours:20170917152142j:image

f:id:naccotours:20170917152151j:image

f:id:naccotours:20170917153532j:image

 

行きたかった朝ごはんスポットNo.1!!!

サンフランシスコでいちばん美味しいベーカリーとも言われるタルティンの工房カフェ。

 

◆Tartine Manufactory
http://www.tartinemanufactory.com/

f:id:naccotours:20170917152253j:image

f:id:naccotours:20170917152300j:image

f:id:naccotours:20170917152323j:image

 

広々とした空間に、パンの焼ける香りがただよう。天国のような空間っっ。

f:id:naccotours:20170917152436j:image

f:id:naccotours:20170917152443j:image

f:id:naccotours:20170917152505j:image

f:id:naccotours:20170917152511j:image

 

まず脇目もふらず頼んだのが、

Summer Berry Tartine 9$
苺とライチチーズ、ヘーゼルナッツと
赤紫蘇のタルティーヌ

f:id:naccotours:20170917152533j:image

おっっっいしぃーーーーー!甘みと酸味がどちらもほどよくて。おいっしいっっ!!!

 

Brioche 5$

つやっつやのブリオッシュさま。

f:id:naccotours:20170917152653j:image
卵の味もしっかり、クリームもジャムもすこし酸味があり、想像していたアメリカの嫌な甘さなんて、もうどこにもない。

 

Greek Yogurt 8$
プラムのギリシャ風ヨーグルト

f:id:naccotours:20170917152722j:image
シナモンスパイスのグラノーラ添え

グラノーラにはシナモンとフェンネルがふわっと。朝から爽やかに香る。

 

どんどんと焼きあがる大きなパンたち。
きっと、サンフランシスコ中の美味しいレストランで今晩食べられるのかな。

f:id:naccotours:20170917153504j:image

f:id:naccotours:20170917153512j:image

 

地下鉄の駅に向かう途中、すてきなスーパーを見つけて寄り道。

◆Guss Community Market
https://gussmarket.com/

f:id:naccotours:20170917153610j:image

f:id:naccotours:20170917153616j:image

 

カリフォルニア産の野菜や食品が、びっくりきれいに陳列されている。職人技っ。

f:id:naccotours:20170917153657j:image

f:id:naccotours:20170917153706j:image

 

ワイン缶が流行っているみたい。

f:id:naccotours:20170917153724j:image

 

カリフォルニア名産のアーモンドに、トリュフ風味を発見!即買いっ。

f:id:naccotours:20170918004247j:image

 

日本では大行列のブルーボトルコーヒーも、
こちらではこんなにカジュアルに売ってました。

f:id:naccotours:20170918004120j:image

 

また地下鉄に乗って。
今日はサンフランシスコの市内を出て、海の向こうバークレーへ渡ります。

 

Berkley

サンフランシスコとはまた全然違った雰囲気の街並み。

f:id:naccotours:20170918004740j:image
空が更にひろーく感じます。

f:id:naccotours:20170918004645j:image

 

カリフォルニア大学のバークレー校の中にある、自然史博物館に行ってみることに。

f:id:naccotours:20170918004700j:image

f:id:naccotours:20170918004713j:image

f:id:naccotours:20170918004729j:image


中は…博物館というか、すこし博物もさせてくれる研究棟?といったようなかんじ。

f:id:naccotours:20170918035016j:image

f:id:naccotours:20170918035023j:image

 

ティラノサウルスのお出迎え!!!!

f:id:naccotours:20170918035056j:image

でっか!!!!こんなん遭遇したら、泣いちゃう!!!

f:id:naccotours:20170918035115j:image

 

図書館にまで恐竜さんたちが。

f:id:naccotours:20170918035130j:image

f:id:naccotours:20170918035143j:image

 

考古学にすこし心ときめきながら、大学を後にしてバークレーの街歩きに。

f:id:naccotours:20170918035200j:image

 

サンフランシスコ発祥のオーガニックコスメショップを覗いたり。

◆Body Time
http://www.bodytime.com/

f:id:naccotours:20170918035237j:image

f:id:naccotours:20170918035220j:image

 

SPF30の入ったデイクリームを買いました。

f:id:naccotours:20170918035304j:image

 

ハーブ&スパイス屋さんで、スパイスデビューのお手伝いをしたり。

◆Lhasa Karnak Herb Company
http://www.herb-inc.com/

f:id:naccotours:20170918035754j:image

f:id:naccotours:20170918035653j:image

f:id:naccotours:20170918035707j:image

 

楽しい、この街!そしてかわいい。

f:id:naccotours:20170918035820j:image

f:id:naccotours:20170918035904j:image


美味しそうな匂いもあちこちからただよってくる。市内より好きかもっ。

f:id:naccotours:20170918035951j:image

f:id:naccotours:20170918040011j:image

f:id:naccotours:20170918040059j:image

 

そして、絶対に来たかったこちらのチーズショップにも。

◆Cheese Board Bakery
http://cheeseboardcollective.coop/

f:id:naccotours:20170918040156j:image

f:id:naccotours:20170918040216j:image

 

カリフォルニアや全米からも美味しいチーズを集めていて、ここでしか買えないチーズがたくさん。

f:id:naccotours:20170918040250j:image

f:id:naccotours:20170918040300j:image

 

たくさん試食もさせてもらって、
カリフォルニアメイドの熟成チェダーやクリームチーズ、バターを少し買いました。

f:id:naccotours:20170918040340j:image

f:id:naccotours:20170918040341j:image

 

地元の人はこぞって、ここにパンを買いに来ていた!どれも美味しそうでした。

f:id:naccotours:20170918040456j:image

 

こういう時間が経つのはほんとにあっという間で、気づけばのランチタイム。

バークレーに来た何よりの理由、憧れてやまなかったこちらのレストランへやや緊張気味に足を踏み入れます。

 

◆Chez Panisse Cafe

http://www.chezpanisse.com/

f:id:naccotours:20170918040700j:image

"カリフォルニア料理"のパイオニアであるアリス・ウォータースのレストラン。
アメリカで最も予約を取るのが難しいと言われるレストランのひとつです。

 

「自然と人間に優しい農法で育てた地元の新鮮な食材を使う」ということを大切にしているのだとか。"オーガニック"、と世間で呼ばれるものでしょうか。きっと言葉で言うより難しいのやろうなぁ。

 

クラシカルで素敵な店内。

ランチはここの2階のカフェで頂きます。

f:id:naccotours:20170918040742j:image

f:id:naccotours:20170918040751j:image

f:id:naccotours:20170918041008j:image

 

細部までのこだわり。こういうの、すごいすき!

f:id:naccotours:20170918041040j:image

 

安定の(?)ワインはハーフボトルで、Sonomaのものをとお願いして。

Merry Edward
Russian Valley River 2015

f:id:naccotours:20170918041126j:image

完熟した果実の甘みと樽から香るバニラのバランスが心地よい、とても好きなお味。

 

アラカルトの前菜からは、
Hand-streched mozzarella 14$

f:id:naccotours:20170918041241j:image


自家製というモッツァレラには、それぞれ異なる種類のトマトが添えられていて。
トマトの食べ比べができるカプレーゼなんて初めて。

 

そして、もう、1品。
Cannard Farm Black Mission Figs 17$
びっっくり甘い黒イチジクのサラダ。

f:id:naccotours:20170918041310j:image

一見シンプルで、でも完成している。

 

自家製パンも、買って帰りたいぐらいのクオリティ。

f:id:naccotours:20170918042350j:image

 

メインからは、店員さん一押しの、
Rigatoni with BN Ranch Beef Ragu 24$

f:id:naccotours:20170918040036j:image

BNって?と聞くと、牧場オーナーの名前らしいのやけれど。その牧場の歴史まで聞かせてくれて。ひとりひとりのスタッフさんが、そんなところまで知っているなんて。

ほんのすこしのスパイスとバジルで、とろっとろに煮込まれたラグーが本当に美味しい。

 

それから、
Northern Haribut with Romano Beans 34$
平目とローマンビーンズのグリル

f:id:naccotours:20170918041612j:image

魚の味、臭みとかではなくって、海の旨味をしっかりと感じる一品。しみじみ美味しい。

 

どのお皿も、調理法はきっととてもシンプル。
でも、素材の味がとても大切にされていて、それぞれの食材から生み出されるハーモニーがとても美しくって。

 

ある意味で、これまで全くに知らなかったお料理。シェフだけじゃなくて、食材にもその生産者さまにも。心の底から"ごちそうさま"を言いたい、素敵な時間でした。

 

近くに良いワインショップがあると聞いていたので食後に訪れて。

◆Vintage Berkeley
http://www.vintageberkeley.com/

f:id:naccotours:20170918041654j:image

f:id:naccotours:20170918041703j:image

 

カリフォルニアの中でも、こだわりを持った小規模生産者のワイン、それも30$以下のお手頃なものを扱うお店と聞いて。

 

ハンター心に火がついちゃう陳列っ。

f:id:naccotours:20170918041945j:image

f:id:naccotours:20170918042005j:image

 

知識豊富なオーナーに好みを伝え、NapaのChardonnayとSonomaのSBを1本ずつ。

f:id:naccotours:20170918041834j:image

f:id:naccotours:20170918041857j:image

日本ではなかなか、この中価格帯のおいしいアメリカワインって出会えない!から、飲むのがたのしみだなーん♡

 

帰りは、サンフランシスコにはまだ戻らず対岸のSausaliteへ。

 

昨日から訪れた、ほとんど全てのレストランやカフェで使われていた、"Heath"という工業食器ブランドのファクトリーショップを訪れたくて。

 

◆Heath Ceramics
Sausalito Factory & Showroom

f:id:naccotours:20170918042104j:image

f:id:naccotours:20170918042158j:image

 

マットな質感と、間違いなく使い勝手のよいシンプルさが味ありの食器たち。

f:id:naccotours:20170918042230j:image

フェリーターミナルやミッションにもショップがあったけれど、ここは工場併設だけあって、フルラインナップ。

先ほどのレストラン、Chez Panisseとのコラボモデルも。

 

ほんの少しの貫入や皿裏のカケがあるB品たちなら、30%Offぐらいで買えちゃう。

f:id:naccotours:20170918042433j:image

f:id:naccotours:20170918042438j:image

わたしは全然気にならない!ので、背の高いサラダボウルをひとつお買いあげ(*^^*)

 

すっかりと重くなった鞄をうきうきぶらさげ、バスでサンフランシスコへ戻ります。

f:id:naccotours:20170918043429j:image

バスならここから約1時間、6$。

 

サウサリートの港町を経由して…

f:id:naccotours:20170918043556j:image

f:id:naccotours:20170918043601j:image

 

ゴールデンブリッジも通ってくれるの!!

f:id:naccotours:20170918043644j:image

f:id:naccotours:20170918043653j:image

嬉しいっ。。やっぱりきれいやなぁ♡

f:id:naccotours:20170918043757j:image

楽しいロングトリップでした。

 

市内に戻り、すこし休憩して。

買い物などにつきあっているうちに、すっかりおなかもすいちゃって( ´∀`)

 

今晩の夕食は特別にスペシャルな体験の予感。

看板もなにもない、連絡をもらった市内のとある"番地"を目指します。

f:id:naccotours:20170918045218j:image

 

Pop Up Restaurant、という常設でないレストランが今サンフランシスコで大人気だと聞いていて。

独立を目指す料理人さんたちが、腕試しの意味も込めてキッチンスペースを借り、週に何度かのペースでレストランを開く。

お客さんは、専用のサイトから予約をし、デポジット払ってはじめて場所などの詳細が送られてくるという。

さすが、ここはシリコンバレーを持つ街。いろんなことが新しい。

 

わたしは、イタリア料理のポップアップレストランをひとつ知っていたのやけれど、イタリアンは日本でも食べられるし…と他を探してここにたどり着きました。

◆Istanbur Modern
https://www.istanbulmodernsf.com/

 

恐る恐るドアを開けると、大きなダイニングテーブルが2つ。みんなで囲むのね!楽しそう!

f:id:naccotours:20170918044348j:image

f:id:naccotours:20170918044418j:image

f:id:naccotours:20170918044413j:image

 

せっかくなのでトルコのワインをボトルで。

DLC sultanlye emir white 2013

f:id:naccotours:20170918044606j:image

微発泡でフレッシュ、おいしいやんー!

 

Simit and Yogurt Butter
"Simit"と呼ばれるトルコのベーグルには、
とても軽やかなヨーグルトバター。

f:id:naccotours:20170918044654j:image

 

前菜は全部で5品。
こちらは大皿で来るものを4人単位でシェアするスタイル。

 

Fattoush
"ファトーシュ" ピタと葉野菜のサラダ

f:id:naccotours:20170918044708j:image

パクチーが上品にきいている。

 

Georgian Badrijani Nigvzit
ジョージア風茄子の胡桃包み

f:id:naccotours:20170918044850j:image

これほんとに美味しい!ガーリックがほんのり。ソースはザクロだそう。

 

Roasted Squash
キヌアソースの"スクアッシュ"グリル

f:id:naccotours:20170918044850j:image
スクアッシュは黄色いズッキーニのことらしいけれど、とてもジューシーでどちらかというとバターナッツのよう。とろける!


Manti
"マンティ"とはトルコの餃子のようなもの。

f:id:naccotours:20170918044901j:image

燻製茄子のピューレが入る。美味しい!

 

Grilled Octopus

f:id:naccotours:20170918044920j:image

 

 

柔らかく仕上げられた蛸に、添えられるのはしし唐と小茄子のピクルス。

 

Mid Courseとして、
Ninkasi Okroshka

"オクローシカ"というのは、ロシアの冷製スープのことだそう。

f:id:naccotours:20170918044953j:image
Ninkasiという銘柄のビールを使った冷製スープを、皮目を焼いた鯖にかけていただく。

f:id:naccotours:20170918045021j:image
"発酵"からインスピレーションを受けた1皿だとか。アーティスティック。

 

Antep and Alepo Kebab
Antepとはトルコの南の都市、Alepoはシリアの都市。

f:id:naccotours:20170918045109j:image

焼いたミートボール形のスタイルのケバブと、味噌とコチュジャンで煮込んだケバブの食べ合わせ。

 

デザートはなんと、こんな名前。
"Bird Shit" Pistachio Tart

『鳥の〇〇』こほんこほんっ。公共の場では言えないこんな名前を付けられたピスタチオのタルト。

f:id:naccotours:20170918045155j:image

貴重すぎる、オール本物ピスタチオのタルト。日本では考えられないっ。

カイマック(トルコのクロテッドクリームのようなもの)のアイスクリームを添えて。
さすがのトルコアイス!弾力があってもっちり。濃厚で美味しい。

 

このデザートが来た時に、2つのテーブルにそれぞれ1人ずつ誕生日のひとがいて、ケーキが置かれると同時に、店内の全員で、誰からともなくHappy Birthdayを歌い出す。


ひとりの方が、Its a small world. と。

ちょっと泣きそうになった。ほんとうに世界ってすばらしい。おいしいものを共有して、そこにはボーダーなんてカケラもなくて。

 

幸せに満ち足りた後に頂いた、最後のサワーチェリーリキュール。

f:id:naccotours:20170918045325j:image

さくら餅と同じ香り!!!こんなのあるのね。

最後には、Tiny Cookieのおもてなし。

f:id:naccotours:20170918045332j:image

 

両隣のひとに、時間を共有してくれたお礼と挨拶をして。外にでるとこんな景色が。

f:id:naccotours:20170918045343j:image

今日も、心の底から。ご馳走さまでした。

 

ケーブルカーに送ってもらい、また楽しい1日が終わり。明日がいよいよ最後です。

f:id:naccotours:20170918045349j:image 

おやすみなさい。