概要

  • 以前使っていた Note PC に Ubuntu を入れてみた。
  • 無線 LAN で 現 PC から ssh 接続できるようにした。

スペック

  • SONY VAIO F (VGN-FE30B)
    • Intel Celeron M (32bit)
    • Memory : 2GB (初期状態 512MB から最大値まで増設)
    • HDD : 80GB
    • OS : Windows XP

  • 所感
    • 大学時代に初めて買ったPC。
    • Word とか Excel とかで主に使っていた。
    • 当時はプログラミング殆ど知らなかったので、そっち方面ではあんまり。

  • 備考
    • 電源バッテリが死んでいる。。
      • 電源コード抜けると落ちる状態。
      • 正規品では無いが、バッテリがまだ売っているようなので注文。

OS 入れ替え

Ubuntu ダウンロード

  • 今使っているPC (Windows7) で、公式ページより Ubuntu をダウンロード
    • Version : Ubuntu Desctop 14.04.01 (LTS) 32bit

  • ディスクイメージを取得したら、DVD に焼く。
    • Windows7 の場合、標準で「ディスクイメージの書き込み」機能があるので、それを実行。
    • ISO ファイルに上記機能が紐付いていないと表示されない。ので、その場合はプログラムから選択。

Ubuntu インストール

  • DVD が作成できたら、ディスクを光学ドライブに入れて、ブート。
  • 画面に表示される指示通りに実施。

  • 備考
    • Windows XP はもう要らないので、HDD の中身全部クリーンに。
    • 特にトラブルなく完了。

簡単な設定

  • ネットワークに有線接続した上、以下を実施 :
(root ユーザ有効化)
$ sudo passwd root

(パッケージアップグレード)
$ su - 
# apt-get upgrade

無線 LAN 接続

  • 対象の Note PC には無線 LAN が付いている。
  • 参照 (1) を見ると、認識はされているようだが、反応が無い様子。
  • 更に調べて参照 (2) に。同じ現象。
  • ここに書いてあったコマンドによりドライバをインストールし直すことにより、認識!!
$ su - 
# apt-get update
# apt-get install firmware-b43-installer
# apt-get remove bcmwl-kernel-source
# reboot
  • 無線 LAN がマシンに認識されたら、後は有線と同様のネットワーク設定。
    • 参照 (3)

  • 参照
    • (1) Ubuntu Japanese Team Wiki DetectiveWirelessLanDevice
    • (2) PC徒然日記 ノートPCの内蔵無線LANを正しく認識させる
    • (3) Ubuntu Japanese Team Wiki HowToSetupWirelessNic

ssh 接続

  • Ubuntu マシンに ssh を入れ、現 Note PC からルータを介して無線で接続してみる。
    • (現 PC Teraterm) - [ Wi-Fi ] - ( ルータ ) - [ Wi-Fi ] - (古 PC Ubuntu)

  • インストール & 設定
$ su - 

(ssh インストール)
# apt-get install ssh

(root ログイン禁止)
# vi /etc/ssh/sshd_config

(差分 ここから)
PermitRootLogin no
(差分 ここまで)

# service ssh restart

現 PC から接続してみる。

  • 現 PC (Windows7) の Teraterm で Ubuntu 機に接続
    • できた!!

まとめ

  • 簡単に触ってみて、デスクトップ直接・現 PC からリモートのどちらでも、Windows XP 時より快適な気がする。
  • 現状、古 Note PC は電源バッテリがヘタッているので、常時電源接続状態。
    • バッテリは互換性品がまだ売っていたので、別途購入 & 取り付け予定。
    • 『大画面ノート』なのでちょっと重いが、バッテリ ( とルータ ) さえあれば、移動用意なサーバ機にもなりえるかも。