(広尾サラブレッドクラブ様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ゼロカラノキセキ
 
17.08.17
 
8月19日(土)札幌9R 500万下・牝(ダ1700m)にジョアン・モレイラ騎手にて出走予定。
 
「前走時のデキが良かったため、さすがにそれ以上とはいきませんが、大きな反動もなく、トモについても本馬にしては決して悪くない状態。あとは中1週による競馬で、どこまで疲労度が抜けきれるかだと思います。昨日の追い切りは予定よりもやや遅くなったものの、落ち着いて走っていましたからね。今は馬が1700m仕様になっていますので、折り合いも付きやすいのではないでしょうか。あとは『ジョッキーにお任せ』(調教師)します」(前田助手)
 
 
札幌への滞在2戦目で中央初勝利を狙うゼロカラノキセキは、今週末の札幌戦・8月19日(土) 札幌9R 3歳以上500万下(D1700m、牝馬限定戦)への出走を確定させました。
 
 
今回鞍上に迎えたのは、香港のトップジョッキー・「雷神」ジョアン・モレイラ
 
来日してもまさかご縁があるとは思いませんでしたから、想定段階の騎手名が「モレイラ」になっているのを見た時には、思わず声を上げてしまいました。
 
勝負駆けのタイミングに合わせてしっかりとトップジョッキーを配してくる尾関先生の鞍上起用術は流石の一言で、その依頼を引き受けてくれたモレイラJにも感謝の言葉しかありません。
 
モレイラJの腕前や日本馬・日本競馬との相性の良さは言わずもがな、特に3年連続の来場となる札幌競馬場との相性の良さは抜群なだけに、我らがゼロカラノキセキの勝利もグッと引き寄せてくれるはず。
 
北の大地で我らがゼロカラノキセキと「マジックマン」ジョアン・モレイラJのタッグがどんなレースを見せてくれるのか、土曜日のレースが俄然楽しみになってきました。