1―2の判定負けを知った村田は、リング上で困惑の表情を隠せなかった。

 狙い通り、序盤はガードをかためて相手の出方をうかがった。
「相手のパンチの角度は独特。それを見るまでは、と思っていた」

 最大の見せ場は4回だった。カウンターで放った右ストレートが相手のあごをとらえた。
マットに倒れ込む元世界王者。
防戦一方の村田の姿に静まりかえっていた会場の雰囲気が、一変した。

 最終回までパンチを浴び続けたものの、ほとんどがガードの上。
「効いたパンチは一つもなかった」と村田。時折見舞う右拳で、何度も相手をぐらつかせた。

 それでも判定結果を待つ瞬間、自分の勝利を信じ切れなかった。
「五輪の決勝では勝ったと思えた。今回、自分で手を挙げながら、変な予感がしていた。
有効打ではなく、ジャブの手数を見られたのだと思う」。
そして、続けた。「あと1、2回ダウンを奪えていれば勝てたかな」


記事の全文は朝日新聞DIGITALで
http://www.asahi.com/articles/ASK5N3SXFK5NUTQP013.html

コメント一覧
ミドル級で手数重視てあーた
ソンフンミンなら勝ってた
感動をありがとう
せやな、ラウンド後半であと1回はダウンが欲しかったな
そしたら試合をコントロールしてたのは村田、って見てもらえたと思う
ダウンを奪えなかったに尽きるな
あの戦い方では
冷静な評価
伸びるねチミ
結構冷静じゃん
侍だな
>>6
2回したやねえかアホ化